ケノンと比較検討

脱毛器のハンディタイプと据え置き型の違いを徹底解明!

投稿日:

脱毛器のハンディタイプと据え置き型の違いを徹底解明!

家庭用脱毛器を購入するときに、家電量販店や通販で見ると

  • 据え置き型
  • ハンディタイプ

の2種類あります。

家電量販店の店員さんに話を聞いたら、「据え置き型は大きく場所を取るのでハンディタイプのほうがいいですよ」と、ハンディタイプを薦められましたが、本当にハンディタイプがいいのか疑問に思ったので調べてみました

ママ
なぜ、疑問に思ったかというと・・

効果がなければ返品できる!

店員さんもハンディタイプの脱毛器で5年くらい脱毛しているということだったけど、返金保証付きの脱毛器を買って、返品して返金を繰り返しているって。

で、5年脱毛しても毛が生えてくるのって脱毛効果を疑ってしまいますよね。だから、据え置き型とハンディタイプの違いを確認しようと思います。

家庭用脱毛器にはハンディと据え置きがある

家庭用脱毛器にはハンディタイプと据え置き型がある

家電量販店に行くと、様々な種類の家庭用脱毛器があり、そのデザインや性能も様々です。

見た目も似たようなものから全く違うものがありますが、家庭用脱毛器にはハンディタイプと据え置きタイプの2種類の形があります

それぞれの形や特長についてお伝えしますね。

ハンディタイプ

ハンディタイプの脱毛器の特長は?

ハンディタイプとは・・

脱毛器本体と照射するヘッド部分が一体になっている家庭用脱毛器で、持ち手が重たいが、小型なので収納に困りません。

ハンディタイプの特長

  • 重さは、約350g~580g程度
  • 持ち手が重いから手が疲れる
  • 照射時間は、1回10分程度と短い
  • 照射パワーが弱い
  • 小型なので収納しやすい

家電量販店にあるのは、ハンディタイプが大半で据え置き型は、ほとんどありません。

店舗で体験しただけでは、持ち手が疲れることはありません。だって1~2分しかしないから疲れるほどじゃないよね。

でも、ペットボトル1本を持ったまま5分も10分も照射し続けるのはかなりの負担になり、腕がプルプルするよ。

トリアの詳細はこちら

据え置きタイプ

据え置き型の脱毛器の特長は?

据え置きタイプとは・・

脱毛器本体と照射する部分が別々になっており、本体と照射するハンドピースがコードで繋がっています。

本体部分は、照射パワーに関係する高機能コンデンサが複数入っているので、脱毛効果が高いです。

据え置き型の特長

  • 本体は大きく収納場所を取る
  • 持ち手部分は120g程度と軽い
  • 照射パワーが強く脱毛効果が高い
  • 1回の照射できる時間が長い

据え置き型で大人気のケノンは、総重量1.6kgと重いけど、手に持って照射するハンドピースは120gと軽く、長時間使用しても手が疲れることはありません。

脱毛は部位によっては時間が掛かるので、持ち手が軽いと手に負担が掛からず、楽に脱毛できます。

ケノンの詳細はこちら

ハンディと据え置きの違い

脱毛器のハンディと据え置きの違い

次に、ハンディ型と据え置き型の脱毛器を選ぶ上で重要な違いがあります。

この違いは、脱毛効果に大きな影響があるので知っておいたほうがいいと思いますよ。

コンデンサ(光の出力)の性能

脱毛器のハンディと据え置き型の違い!コンデンサー

照射時の光の出力・パワーを生むコンデンサの出力の違いがあります。

コンデンサとは・・

脱毛器の光パワーの元になるもの。電気を一旦、コンデンサに溜め、そのエネルギーを光に変えて照射することができるものです。

本体が大きくなければパワーの源となる高性能コンデンサを複数個搭載することができ、出力も強くなり、脱毛効果にも大きな影響を与える脱毛器の心臓部と言えます

小型の高性能コンデンサをハンディタイプには搭載されていますが、その性能には限界があります。

でも、据え置き型は、本体部分に高性能コンデンサを複数個搭載することで、瞬間的に照射するパワーを強くすることができ、脱毛効果に影響します。

据え置き型

  • 本体が大きい
  • 大きな
    コンデンサ
  • 出力が強い
  • 脱毛効果強い

ハンディ型

  • 本体が小さい
  • 小さな
    コンデンサ
  • 出力が弱い
  • 脱毛効果弱い

【据え置き型】
高性能で大きなコンデンサが入る本体があるため、脱毛効果が大きくなります。

ケノンの詳細はこちら

【ハンディ型】
限られたスペースの中に小型コンデンサを搭載する必要があり、性能がどうしても限られてしまい、出力が弱く、脱毛効果も低くなってしまいます。

トリアの詳細はこちら

本体が一体型か別か

脱毛器のハンディと据え置き型の違い!本体が別

ハンディタイプと据え置き型には、それぞれのメリットとデメリットがあります。

ハンディタイプ

メリット

  • 持ち運び可能
  • 比較的安価
  • 店舗で購入可
  • コードが無い

デメリット

  • 操作性が悪い
  • 視認性が悪い
  • 脱毛効果低い
  • 持ち手が重い
  • 長時間は無理
  • 手が疲れる

トリアの詳細はこちら

ママ
携帯でき、取り回しがよく、価格が安いのが欲しいならハンディタイプがおすすめ!でも、脱毛効果は、据え置き型に比べて低いと感じます。

据え置き型

メリット

  • 脱毛効果高い
  • 持ち手が軽い
  • 疲れにくい
  • 長時間照射可

デメリット

  • 本体が大きい
  • 収納に困る
  • 比較的高い
  • 運びにくい

ケノンの詳細はこちら

ママ
少し価格は高いけど、脱毛効果を実感でき、終わる脱毛をしたいなら据え置き型がおすすめです。

重さの違い

脱毛器のハンディと据え置き型の違い!重さ(重量)の違い

ハンディタイプと据え置き型では、重さが違うけど、脱毛時に床に置いておける本体部分と照射する持ち手部分で重さが違うので分けて表にしてみました。

種類 ハンディ ケノン
本体
-
1.6kg
持ち手
350

580g
120g
ママ
ハンディタイプは、持ち手部分が本体と一体型になっているので、どうしても重くなってしまいますね。
  • 光を放つランプ(照射部)
  • 脱毛に大きな影響があるコンデンサ
  • 信号を制御する基盤
  • 操作ボタン など

多くの必要な部品を組み込む必要があるので、ハンディタイプは結果的に重くなってしまいます

でも、据え置き型は、本体に必要な電子機器が組み込まれているため、持ち手部分は照射ボタンとカートリッジのみなので約120gとスマホよりも軽いです。

ママ
持ち手(ハンドプローブ)が軽いと、脱毛範囲が広い腕や足などの部位を照射するときでも手首が疲れることがありません。

持ちやすさ

脱毛器のハンディと据え置き型の違い!持ちやすさ

ハンディタイプの家庭用脱毛器は、持ちやすさに限界があり、実際に使ってみると

  • 先端部分が大きく重い
  • バランスが取りにくい
  • 持ちにくい

バランスを保ちながら照射するのは大変!

ママ
ケノン使用中にハンディタイプも試して使い心地を確認したけど、重いですね。

据え置きタイプは、持ち手(ハンドピース)には必要最小限の機能しかなく

  • 持ちやすく
  • 照射しやすく
  • 軽い

ので、扱いやすくて照射が楽だし、長時間脱毛していても疲れるということはありません。

ただ、ハンディタイプも日々研究を重ね開発されている為、これからはさらに軽く、コンパクトで持ちやすい製品が作られていくことでしょう。
ナビ

長期間使えるのは

脱毛器のハンディと据え置き型の違い!長く使えるのは?

購入した脱毛器を長く使うためには【照射部のランプの寿命】と【照射回数】が大きく左右するので、その違いについてお伝えしますね。

ハンディタイプの場合

  • 本体と照射部のランプが一体型が多く、ランプの劣化による交換ができない
  • 設定された照射回数を使い切ると本体の買い換えが必要になる。
  • 脱毛効果の低下や脱毛が完了していないときには買い換える必要があり出費が増える
  • 充電式の場合、バッテリーの消耗で十分な光量が得られないことがある

トリアの詳細はこちら

据え置き型の場合

  • 照射部のランプ(カートリッジ)が分離式で交換できる
  • 設定照射回数を使い切ったら、カートリッジだけを買い換える
  • カートリッジを交換することで新品として使うことができコスパが良い
  • コンセントに直接繋ぐので電力の供給は常に一定で、光量の変動は少ない

ケノンの詳細はこちら

ママ
全身脱毛や脱毛範囲が広いときには、脱毛部位の照射回数と脱毛完了までの回数で、どのくらいの照射回数が必要になるのか確認しておくといいですよ。
ただ、脱毛器の照射回数は大抵、出力が一番弱いレベル1での照射回数だから、出力が一番強い最大レベルでの照射回数を確認しておく必要があります。
ナビ
レベル1よりもレベル5や10に設定したとき、使用できる照射回数は減るので。
ナビ

まとめ

脱毛器は据え置き型のケノンがおすすめ

小さいハンディタイプの脱毛器を希望する人もいますが、脱毛するために購入するので、一番大切なのは【脱毛効果】です。

脱毛器の脱毛効果は、使い始めは高くても、使用していくと効果を感じなくなるということもあり、

  • コンデンサで電気を蓄える量
  • 蓄えた電気を100%、光に変えられるようにランプの劣化を防ぐ
  • 強いエネルギーで脱毛効果は高く、肌への負担が少ない

機種を選ぶのがポイントになると思います。

ママ
据え置き型のケノンは、セルフ脱毛する上で、【脱毛効果】も【コスパ】も【使いやすさ】も優れている1台だと思います。

ケノンの詳細はこちら



にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ

おすすめ記事

ケノンを購入するときに価格を調べてみた感想と見るべきポイント 1

何か購入するときには、価格を調べて、どこのお店で買おうか判断するよね。 ケノンは、家電量販店では販売されてなく、通販のみでの販売で、よく利用している通販サイトでも買うことができ、調べてみたところ下記で ...

分割でケノンを買う!クレジットカードとショッピングローンの違い 2

ケノンを使って脱毛したいけど、とても一括で支払うのは難しいというときには【分割払い】を選ぶことが可能です。 ケノン購入時に使える分割ローンは クレジットカード ショッピングローン の2つの方法です。 ...

【検証】ケノン美顔器のシミ取り効果!写真で変化を見て結果に驚くはず 3

ママケノンは脱毛器としての効果も高く人気があるけど、美顔器としても高い効果を発揮するという口コミ・評価をよく見かけますよね。 ケノンの美顔器は、美容フォトフェイシャルと同じ仕組みだから、 お肌を健康的 ...

-ケノンと比較検討

Copyright© 脱毛器ケノンの使い方と効果を徹底検証するブログ | ケノン家族 , 2019 All Rights Reserved.