ケノンの使い方

【サポセンに確認】アトピーや敏感肌の人も脱毛器ケノンは使えるの?

更新日:

【サポセンに確認】アトピーや敏感肌の人も脱毛器ケノンは使えるの?
ナビ
アトピーの人や肌が敏感な人は、毛が肌に触れたり、洋服と一緒に擦れることで痒くなったり、湿疹が出来たりすることがあるから、脱毛を考える人が多いです。

カミソリや電気シェーバーを使ってムダ毛の自己処理をすると、乾燥している肌の表面をさらに削ってしまい、カミソリ負けするし、ヒリヒリするので、自己処理が出来ないことがあります。

そこで、「脱毛してみてはどうか」と思うけど、脱毛サロンや医療クリニックは高いから、家庭用脱毛器のケノンはアトピーや敏感肌の人でも使えるのかということが気になりますよね。

確かに、肌に優しい脱毛器ケノンだけど、アトピーの人や肌が敏感な人も使えるのか、脱毛するのに最適な方法は何かを解説しています。

脱毛して、ムダ毛が無くなれば、自己処理することがなくなるのでカミソリによる肌荒れの心配は無くなり、肌の状態を良くすることができます。
ナビ
脱毛器ケノンで綺麗な肌を手に入れられるとしたら欲しいよね?

アトピーでもケノンは使えるの?

ケノンはアトピーや肌が敏感な人でも使えるの?

ムダ毛が気になり始めた娘にケノンを使わせてあげたいけど、アトピー体質のためヒジの内側のくぼみ部分や膝裏のくぼみが腫れを起こして赤くなっています。

腫れやかゆみが強いのはその部分だけなので、そこを避ければケノンを使用出来るのか、アトピーでもケノンで脱毛は可能なのか色々調べてみました。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、かゆみと湿疹が繰り返し現れる皮膚の病気で、顔も含めた全身に現れる人もいれば、関節部分だけにできる人もいます。

主な原因は乾燥であり、そこに様々な刺激やアレルギーが加わることで、湿疹やかゆみが生じ、症状は軽微・軽症・中等症・重症に分けられています。

アトピー肌で脱毛すると、肌に負担が掛かり、肌の状態が悪化することが考えられので、実際にケノンユーザーの口コミを見てみると、

照射レベルを低くして使用したので大丈夫だった

照射した後に肌が火照ってかゆくなった、赤いブツブツが出来た

という人もいました。

そこで、ケノンの説明書にはどのように書かれていて、サポートセンターではどのような対策があるのかを聞いてみました。

説明書ではアトピー・ステロイド剤使用者は禁止

脱毛器ケノンはアトピーや敏感肌の人は使えるの?

ケノンの取扱説明書を見ると、アレルギー体質、皮膚病、アトピー、敏感肌の方の使用は禁止ステロイドなどの薬物を継続的に使用している場合も禁止いう注意書きがあります。

アトピー肌は大変敏感なため、ケノンを使用すると痛みを感じやすいため、かゆみと湿疹が現れている部位の脱毛は避けたほうが良さそうです。

ケノンを使用して、アトピーの症状が悪化してしまうと元も子もありませんよね。

サポートセンターに確認してみた

ケノンのサポートセンターにアトピーでも脱毛できるか聞いてみた

説明書には、アトピーの方は使用禁止になっているけど、ケノンユーザーの中にはアトピーでも使用している人がたくさんいました。

そこで、直接ケノンのサポートセンターに問い合わせて、聞いてみました。

ママ
アトピー肌なのですが、ケノンを使用できますか?
皮膚科の先生に相談してみて下さい。
サポートセンター
ママ
アトピー性皮膚炎でも脱毛するとしたら、安全に使うためにはどうしたら良いかアドバイスを頂けませんか?
照射レベルは低め、連続ショット数は6回から使い始めて、肌の状態を見ながらレベルを上げたり、連続ショット数を3回や1回に変更したりして、肌の状態を確認しながら使うといいです。

ただ、照射レベルが低く、連続ショット数が多いと脱毛効果を感じるまでに回数が必要になるので、見極めが必要になります。

サポートセンター

とのことでした。

アトピー肌の人が、ケノンを使って脱毛しているブログを見ると、痒みや湿疹・乾燥している部分は避けて使っているようだし、照射レベルを最大にしている人もいるようなので、肌の状態に合わせて調整することと、照射後の保湿ケアが大切になりそうです。

アトピーでもケノンで脱毛した人の口コミ・評価は?

アトピーの人がケノンを使ったときの口コミ・評価は?

アトピー肌や敏感肌だと、カミソリを使って自己処理をすると、カミソリ負けを起こしやすいから、頻繁にムダ毛を自己処理できないという悩みがあります。

カミソリ負けを起こしやすい方にとって、フラッシュ式脱毛器は肌への負担が軽い上に痛みが少なく、使い続けるうちに徐々に毛が少なくなり、自己処理が不要になるので最適といえる脱毛方法です。

しかし、ケノンの説明書では、アレルギー体質や皮膚病、アトピーの症状がある方やステロイド剤を使用している方への使用を禁止しているけど、肌の状態に合わせて出力を調整できる特徴があるのが「ケノン」だから、症状が軽いときや症状が無い部位だけでもお手入れはしておきたいものですよね。

アトピーでも、ケノンで脱毛したことのある方の体験談や口コミは、どんな感想なのか見てみましょう。

良い口コミ・評価

アトピー肌の人が ケノンを使って良かった感想

20代女性

アトピー肌の人がケノンを使っている良い例肌が弱くアトピー体質で、カミソリ負けや肌荒れにずっと悩んでいました。

友達が購入したケノンを借りて、レベル1から試しに照射してみたけど、痛みはなく、少しずつレベルを上げて「8」で照射できることが分かり、自分でも購入することに決めました。

アトピー体質なので心配でしたが、照射前後にしっかり冷やすことと保湿ケアをすることで、赤みは全くありませんし、肌の状態が悪くなるようなことはありません。

30代女性

アトピー肌の人がケノンを使っている良い例小さい頃からアトピー体質で、ケノンが肌に優しいという説明をみて決心して購入しました。

レベル1から使っても痛くなく、何度やっても肌に問題はありませんでした。

顔の産毛をカミソリで剃っていましたが、ケノンを使ってみると生えるスピードが遅くなったようで1週間経っても生えてきませんし、カミソリを使わなくなり肌が荒れずに済みました。

家族も使えるし、もっと早く購入すればよかったなと思いました。

40代女性

アトピー肌の人がケノンを使っている良い例肌が乾燥しやすく、カサカサだし、毛穴が開き、毛穴が黒くなっていて気になっていました。

エステサロンの脱毛や美容フォトフェイシャルに、通い続ける自信がなかったのでケノンを購入しましたが、毛が生えてくるのが遅くなり、肌にハリやツヤが出てきてスベスベになった気がします。

脱毛も美顔器も痛みが少ないので続けられています。

30代男性

アトピー肌の人がケノンを使っている良い例毛深くて、髭も濃いことにずっと悩んでおり、敏感肌なので、髭剃りの後にはいつも肌荒れになっていました。

ケノンは、男性使用者も多いと知り、購入しましたが、レベル1で髭に使って見ましたが全く痛みはありませんので、レベルを上げて脱毛していこうと思います。

悪い口コミ・評価

アトピー肌の人が ケノンを使って悪かった感想

ケノンを使っているアトピーの方で悪いと評価している人は少なく、ほとんどありませんでした。

実際にアトピーの方がケノンで脱毛したいということで、脱毛器をお貸ししたときに感想を聞いたので紹介しますね。

10代男性

アトピー肌の人が ケノンを使って悪かった感想軽いアトピー肌ですが、ムダ毛があると、毛が触って痒くなるし、保湿ケアしようとしても毛が邪魔するので、カミソリで毛を剃ったらカミソリ負けしてヒリヒリした経験があります。

カミソリはダメでも、脱毛なら大丈夫かもと思って、医療クリニックのカウンセリングに行って話を聞いたら、「脱毛できますよ」とのことだったので、永久脱毛は高いから家庭用脱毛器のケノンを購入して脱毛をはじめました。

ケノンを買ってから、レベル8まで上げてずっと照射してきたけど、調子に乗ってレベル10にしたら肌に赤いブツブツが出来てしまいました。数日後には赤みが引いて自然に治りましたが、気をつけないとダメだなぁと改めて実感しました。

40代女性

アトピー肌の人が ケノンを使って悪かった感想

小さい頃からずっとアトピーで、若い頃は肌荒れするのも関係なく、カミソリで自己処理をしていましたが、この年齢になり、きれいな肌を維持したいと思うようになりケノンを買いました。

腕や脚・鼻下の産毛を、冷却しながら最初レベル7で試したら、数時間後にヒリヒリしました。

2回・3回と使ううちに慣れてきて、冷却しながらレベル9で照射してもヒリヒリしなくなり、毛がかなり薄くなりました。

アトピーの人がケノンを使うときの注意

アトピーの人がケノンを使うときの注意

ママ
アトピー肌は、皮膚のバリア機能が低下しており、乾燥している状態なので、外部からの刺激に敏感に反応します。

脱毛器ケノンは、熱エネルギーで毛根にダメージを与えて脱毛する仕組みで、普通の肌の状態でも熱で水分が失われて乾燥しやすくなるので、元々肌が乾燥している状態でケノンを使用すると更に乾燥が進み赤みや腫れが起きるなど、肌の状態が悪化する恐れがあります。

アトピー肌でケノンを使用する際には、細心の注意を払って脱毛することが大切になるので、4つのポイントについてお伝えしますね。

ステロイド剤の塗布部位は使用しない

ケノンを使うときはステロイド剤の塗布部位に使用しない

ナビ
アトピーの治療中で、ステロイド剤を継続的に使用している方は、ケノンを使用しないほうがいいです。

脱毛する際には、皮膚科の先生に事前に相談してから使うようにしたほうが安心できますよね。

ケノンで肌を照射する際には、ステロイドの使用を止める必要がありますが、「なぜ、塗るのを止めないといけないのか?」聞いたのでまとめます。

ママ
ステロイド剤を使用した部位で脱毛を行うと以下の4つの副作用が起こる可能性があります。

脱毛時のステロイド剤の副作用

①感染症に弱い

アレルギーを抑えるのと一緒に、肌表面の免疫の働きも抑えてしまうため免疫力が低下し感染しやすい状態にあり、ケノンで肌に負担をかけると腫れたりかぶれなどが起きる可能性が高い。

②光を吸収しやすい

ステロイド剤は光を吸収しやすい性質であり、ケノンが光脱毛として使用しているキセノンランプも太陽光に近いため、赤くなる可能性がある。

③色素沈着しやすい

赤くなった後の肌が色素沈着しやすく、色素沈着すると肌の色が濃くなるため、照射時の痛みを強く感じる。

④多毛作用がある

ステロイド剤の副作用の一つとして多毛作用があり、産毛が太くなったり、濃くなったりするため、脱毛効果が得られにくい。

肌の状態が良くないときは脱毛しない

肌の状態が悪いときにはケノンでの脱毛はしない

ママ
普段、脱毛していて肌が正常でも、肌の状態が少し悪いなぁと感じるときは、施術後に、いつもより肌が乾燥しているなぁと感じることがあります。

下記のような症状が見られるときは、肌の状態が回復するまで、脱毛を中止しましょう。

・カサカサしている
・赤みを帯びている
・ささくれだっている
・白い粉をふいている
・皮がむけて落ちている
・腫れている
・じゅくじゅくしている

ケノンを安全に使うための正しい使い方【アトピー肌編】

アトピー肌・肌が敏感な人がケノンで脱毛するときの手順・使い方

ケノンは、肌の状態に合わせて出力を調整できるので、お肌に優しい脱毛器だから、下記のことに気を付けて使用すれば、アトピー肌・敏感肌の方でも脱毛することが出来まるので、アトピー肌でも安全に使用するために守るべき手順・使い方をまとめておきますね。

step
1
ステロイドを使わない

ステロイドを使用すると、感染症や色素沈着など肌への負担がが高く、脱毛効果を得られにくい。

step
2
湿疹・乾燥している肌には使用しない

綺麗な肌を維持ためにも、肌の状態が良いときに脱毛しましょう。

step
3
パッチテストを行う

アトピー肌は、外部の刺激を受けやすいため、ケノンを使用する際には、肌の目立たない場所でパッチテストを行い、影響が無いか確認しましょう。

step
4
照射レベル1から始める

必ず照射レベル1から脱毛を始め、肌への刺激が問題なければ、肌の状態を見ながら照射レベルを1つずつ上げていきましょう。

step
5
連続ショット数は6回から始める

連続ショットは6回から始めて、肌の状態に問題がなければ、連続ショット数の少ない方が脱毛効果は高くなるので3回・1回とショット数を減らしていきましょう。

step
6
色素沈着部分は照射しない

アトピーの跡で、色素沈着している部分に照射すると痛みを強く感じるので、色の濃い部分への照射は避けましょう。

step
7
照射する部位をよく冷やす

しっかり冷やすことで痛みを抑え、赤みや腫れを予防します。

step
8
照射後の部位をよく冷やす

照射後は肌が乾燥し、火照りやすいので、しっかり冷やして赤みやかゆみを抑えましょう。

step
9
脱毛後の保湿ケアを行う

照射後は肌が更に乾燥するので、クリームやボディローションなどで念入りに保湿しましょう。

step
10
照射間隔は2週間に1回にする

安全に使用するためにも、使用頻度は必ず守るようにしましょう。

ママ
ケノンは、自分で照射レベルを変更でき、肌に優しい脱毛器なので正しい使い方をすることでアトピーや敏感肌でも脱毛できることが分かりました。

アトピーでも敏感肌でも脱毛できるケノンはこちら

ケノンでの脱毛は自己責任

ケノンでの脱毛は自己責任だけど正しい使い方をすれば何の問題もないよ

ママ
ケノンは何度でも脱毛出来るし、照射レベルやショット数を自分の肌質や痛みに合わせて調整出来る大変便利な家庭用脱毛器です。

注意しながら使用すれば、アトピーや敏感肌の人でも脱毛することは可能で、ケノン利用者の体験談や感想を見ると、アトピー肌でもケノンを使用している人がたくさんいて、脱毛効果を得ているけど、ケノンで脱毛する際はあくまでも自己責任です。

ママ
ケノンを使用して赤くなっても、誰も責任は取ってくれません。

アトピー肌は大変敏感なので、肌の状態が少しでも違うようなら、すぐに使用をやめて、症状がひどい場合は皮膚科を受診するようにしましょう。

ケノンの美顔器を使う時の注意

アトピーの人がケノン美顔器を使うときの注意事項

ママ
ケノンには脱毛だけではなく、美顔機能(スキンケア)もあり、カートリッジを交換するだけでエステサロン級の光美容フォトフェイシャルが自宅でもできます。

ケノンの美顔を使い続けることで、

  • シミやくすみ
  • 色素沈着を薄くする
  • 肌のハリを与える
  • 毛穴が目立たなくする
  • 肌の色が明るくなる

などの効果を実感できることから、人気となっている機能です。

この美顔機能も脱毛と同じく、アトピーの方は、ステロイドを使用している(服用、塗布)ときは、使用が禁止されています。

ママ
アトピーの肌質を改善する効果を期待して使用するのは、症状が悪化する可能性があるので注意しないといけません。

ケノン美顔器を使う場合の注意点

症状の無い部位のみで使用する

ステロイド剤使用中は禁止

脱毛器と美顔器を同日に使用しない

レベル1から使用し、問題なければレベルを上げてみる

照射前後に保冷剤で冷却する

照射が終わったら保湿する

アトピーの人が脱毛する効果

ケノンと使って脱毛するとアトピー肌にどのような効果があるの?

ママ
アトピーや敏感肌の人ほどカミソリでの自己処理を卒業するためにも、脱毛をしたほうが良いと言われるけど、脱毛サロンや医療クリニックの永久脱毛は高いから、脱毛するのに二の足を踏むことが多いのよね。

カミソリや毛抜きなどの自己処理は、肌を傷つけるばかりで、アトピーの症状を悪化させる恐れがあり、悪化させてしまうと脱毛を受けられないこともあるので、肌の状態が悪いときは治療に専念して、状態が良くなってから脱毛することを考えましょう。

アトピーの人が脱毛すると、次のような効果があります。

毛によるムレや擦れが減る

アトピーの人が脱毛するとムレやかぶれが無くなり肌の状態が良くなる

ムダ毛が多いところのアトピーは、乾燥している肌に刺激を与えて痒くなり、爪でかいてしまうと症状が悪化することがありますので、毛があることで悪化する要因と毛が無いことで得られる改善に分けてまとめますね。

毛があることで悪化する要因

ムレたり、擦れたりすることで、肌の状態が悪くなる。

毛が邪魔をしてステロイドが患部に十分に行き渡らない。

毛が無いことで得られる改善

毛による蒸れや擦れを予防することで、肌を衛生的に保つ。

自己処理回数が減り、保湿剤も塗りやすくなるため、肌の状態が良くなる。

自己処理による肌への負担が減る

アトピーの人が脱毛すると自己処理が不要になり綺麗な肌を維持できる

バリア機能や保湿機能で肌を守っているのが、肌の表面にある角質層で、カミソリでの自己処理は、ムダ毛と同時に角質までも削ってしまうため肌に大きな負担が掛かります。

肌にさらに刺激を与える行為

カミソリなどを使用することで、さらに角質を削り取るため、さらに肌が悪化する。

脱毛することで得られる改善

脱毛することで、自己処理の回数が減り、肌への負担が少なくなるから肌の状態が改善する。

より安全に脱毛するなら医療脱毛がおすすめ

アトピー肌・敏感肌の人が安心・安全に脱毛するなら医師がいる医療クリニックがおすすめ

ママ
アトピー肌の場合、カミソリや電気シェーバーでのムダ毛処理だと肌が荒れやすく、症状をさらに悪化させるので頻繁に自己処理できない・・という悩みがあります。
ムダ毛処理は一切やらないほうが、肌への負担が無いから良いのですが、仕事や外出時、薄着になる季節はそうはいきませんよね。
ナビ

肌への負担が少ない脱毛方法として光脱毛やレーザー脱毛があり、脱毛に使用される光やレーザーは、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応しダメージを与える働きがあるため、熱を感じることはあっても、肌表面に強い刺激を与えることはありません

実際に脱毛を行うときは、3つの方法があり、

  • 脱毛エステサロンに通うか
  • 医療クリニック(医療脱毛)に通うか
  • 手軽な家庭用脱毛器を買うか

いずれからの脱毛方法を選ぶことになりますが、最も安全性が高く、アトピー体質の方でもオススメなのは『医療脱毛』です。

医療脱毛がオススメな理由

医師が常駐しているので、肌質にあった脱毛を提案・診断してくれる

・脱毛中に痛みや刺激を感じても医師が適切な処置を行い、薬を処方してくれる

・脱毛サロンは医師が居ないので施術を断られることが多い

・パワーが強いので、少ない施術回数(5回~8回ほど)で永久脱毛できる

ママ
脇や髭・VIOなどの部分脱毛なら、お手頃価格で施術を受けられる医療クリニックも多くなっているけど、全身脱毛となると高いです。

医療クリニックの詳細はこちらで

脱毛サロンだとアトピー肌質の人は、施術を受けられないことがあるし、痛みが強い、熱さを感じて肌に違和感があるときは、自分で病院に行かないといけないため、脱毛時に肌の違和感が発生したときの対応を考えると医師がいる医療クリニックを選んだほうが安心だし短期間で脱毛できます。

脱毛サロンで施術を受けられたとしても、光の出力が弱いと脱毛効果を得るまでに時間が掛かってしまい、長期間通い続けることになり、かえって割高になる可能性があります。
ママ

まとめ

ママ
アトピーの人が、ムダ毛の脱毛をするときに一番注意しないといけないことは「肌の状態が悪化したときのこと」です。

それを考えると、脱毛するのであれば医師が常駐している医療クリニックで施術を受けることが一番安心で安全だと思いますが、認知度が高く・人気のある医療クリニックだと全身脱毛3回コースで15万円ほど掛かり、3回で終わればいいですが、終わらなければさらに追加費用が必要になります。

これを考えると高いなぁと感じるけど、安心・安全を考えれば高くはないのかもしれませんが、どう思いますか?

カウンセリングは無料で受けられるので、一度、話だけでも聞いてもいいと思いますよ。

ナビ
ママ
私の個人的な意見としては、やっぱり高いなぁと思ってしまうので、脱毛器を買い取る家庭用脱毛器の「ケノン」も検討の一つに入れるといいと思います。

ケノンの最大の特徴は、自分で出力の強さを調整できることと、肌の状態が良いときに脱毛できることだと思うし、家族に肌の状態を見てもらいながら脱毛を手伝ってもらうことで、いち早く肌の変化にも気が付くことができます。

ケノンが気になるときには、脱毛効果は体験済みなので、体験レビューを確認してもらえればと思います。

ケノンを使ってみた検証結果!

脱毛器ケノンを購入するに至った理由とは?
ママ
私はケノンを使うか、脱毛エステに通うか悩んでいましたが結局ケノンを使うことにしました!

なぜ、脱毛エステではなく家庭用脱毛器を選んだのか、詳しく実際に使って解説しているページを作成しましたので、迷っている方はぜひ一度読んでみてください。


このページを読めば、あなたが脱毛エステに通うべきか、ケノンを使ってみるか、きっと参考になると思います。私の家では、私、旦那、息子、娘、家族全員でケノンを使い脱毛をしています。そして、家族全員ハッピーになっています!


ケノンが欲しくなる記事はこちら



ケノンの正しい使い方、脱毛前と脱毛後のお肌の変化などわかりやすくまとめていますので、参考にしてくださいね♪
ママ


にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケノン家族

脱毛器ケノンを使ってムダ毛を脱毛している「ケノン家族」です。40代のママとパパ、そして中学生の娘と高校生の息子の4人で脱毛をして、毛が無いツルツルのお肌を目指している家族です。家庭用脱毛器は、家で脱毛できるメリットがあるけど、間違ったやり方をすると肌が赤くなる原因になるから、おうち脱毛するための効果的な正しい使い方と美顔器(スキンケア)の効果も一緒に紹介します。「こんな情報も知りたい!」「これはどうなっているの?」という疑問や質問があれば、気軽にお問合せ下さい。できる限り調べてお伝えしたいと思います。

おすすめ記事

ケノンを購入するときに価格を調べてみた感想と見るべきポイント 1

何か購入するときには、価格を調べて、どこのお店で買おうか判断するよね。 ケノンは、家電量販店では販売されてなく、通販のみでの販売で、よく利用している通販サイトでも買うことができ、調べてみたところ下記で ...

【保存版】ケノンの正しい使い方!脱毛・美顔効果を得るためのコツ 2

脱毛器ケノンは、使い方が簡単なので一人でも十分に使用することができるよ。 ママ機械音痴な私でも使えたよ! 自分で出力の強さを選んで、脱毛部位にケノンを当ててボタンを押すだけというシンプルな操作は、家庭 ...

ケノン美顔器でシミやほうれい線など肌改善の効果のある使い方と体験談 3

家庭用脱毛器のケノンは脱毛だけではなく、効果的な美顔器としての機能も評価されています。 シミやシワ・ほうれい線・たるみなどのお肌の悩みを減らすことができ、お肌の若返りが期待できるというので、ケノンを購 ...

-ケノンの使い方

Copyright© 脱毛器ケノンを日本一丁寧に検証する口コミブログ | ケノン家族 , 2018 All Rights Reserved.