脱毛コラム

ハイジニーナ【VIO】脱毛は悩みを解消し清潔で快適に!男性の意見は?

更新日:

ハイジニーナ【VIO】脱毛は悩みを解消し清潔で快適に!男性の意見は?
ママ
モデルや女優・芸能人がハイジニーナにしているってことから、ハイジニーナ脱毛する女性が増えてきているようです。

ハイジニーナ、つまりはVIOの毛を無くすこと(無毛・パイパン)で、女性にとってはデリケートゾーンのムレを軽減することで、生理時のかゆみやかぶれを減らすことができ、自己処理後の乾燥肌や黒ずみも気にしなくていいなど、メリットが多いと気付いた人が多いってことだと思うの。

ただ、色々と調べたら、ハイジニーナ脱毛して男性の意見が気になる人が多いみたいなので、女性のアンダーヘアが無毛に対する男性の意見もまとめました。

ママ
ハイジニーナにすることで、メリットが多いし、夏や生理時の快適さは、毛があるときに比べたら全く違うので、私個人の意見としては、オススメしたい!

ハイジニーナ脱毛とは何?

ハイジニーナとは何?

ハイジニーナ脱毛とは

デリケートゾーンの脱毛のことを「ハイジニーナ脱毛」または「VIO脱毛」と言い、一般的に「ハイジニーナ脱毛」とは、アンダーヘアを全て処理して、全くの無毛状態にすることで、別名「ブラジリアンスタイル」とも呼ばれています。

日本では、Vラインをある程度残して脱毛する人が多いですが、海外では無毛のハイジニーナ脱毛が一般的で、海外セレブや日本の女優・モデルが、『ハイジニーナ脱毛を受けている』とか『下はツルツルですよ』とコメントしたことから、日本でもここ数年で認知度が広まってきました。

ママ
でも、スポーツをしている人は、小中学生の頃からムダ毛処理をしていて、面倒になってくるから脱毛することが多く、アンダーヘアもかなり薄くしているスポーツ女子は多いよ。

私は、水泳をしていて10代の頃は全国大会に出ていたけど、お風呂で見ると「無毛」や「極薄」の選手ばかりで、みんな脱毛していたけど、今はスポーツ選手が脱毛することを「スポーツ脱毛」っていうみたいね。

ハイジニーナの意味

「ハイジニーナ」とは英語で、『衛生』を意味する(ハイジーン・hygiene)から作られた造語です。

アンダーヘアは、人目につかない部位ということもあり、ケアが後回しになりがちですが、実は蒸れやかぶれなどトラブルを生じやすく、不衛生になりがちなので、アンダーヘアを無くすことで、清潔さを保てるため「ハイジニーナ」と呼ばれています。

ハイジニーナとVIOの違い

『ハイジニーナ脱毛』

・デリケートゾーンの毛が全く無い状態、つまりは無毛(パイパン)。

『VIO脱毛』

・Vライン、Iライン、Oラインをそれぞれ違った毛の残し方をする場合全く無毛にする場合の脱毛に使われます。一部分だけ薄く毛を残したり、エリアの形(デザイン)を整えたり、毛を細くしたり、微調整したり、それぞれを自分好みのデザインに整えたりするVIOラインの脱毛を言います。

ママ
VIOの毛を無毛にするときは、ハイジニーナ脱毛またはVIO脱毛と呼ばれているようです。

VIOの毛を残すときには、ハイジニーナとは呼ばないということですね。

ハイジニーナ脱毛をするメリット

ハイジニーナ脱毛をする5つのメリット

ママ
ハイジニーナをやってみたいと思う半面、全部無くすのにはちょっと抵抗を感じる・・・という方も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンの毛を全部剃ると、どんなメリットがあるのかというと

ハイジニーナにする一番の理由

衛生的であること

見た目の美しさ

自己処理が不要になるから楽

チクチクとした不快感から解放

肌トラブルを回避できる

など、生理のときやムレなどによる痒みなどは、毛があることが一つの原因だから、無毛にすることでムレを改善して綺麗な状態を保つことができるから女性にとっては嬉しいよね。

ママ
男性もハイジニーナのほうが喜ぶ人もいるし、彼氏からお願いされてハイジニーナにした人が快適さから、無毛にした友達もいるよ。

かゆみやかぶれが、かなり軽減されて過ごしやすくなるしね。

それでは、ハイジニーナにするメリットを詳しくお伝えします。

デリケートゾーンを清潔に保てる

ハイジニーナにすることでデリケートゾーンを清潔に保てる

ママ
デリケートゾーンに毛が生えている状態だと、生理中や湿気が多い時期・暑い夏になると、下記のような肌トラブルが発生するよね。

毛があると起きる肌トラブル

おりものや排泄物がキレイに拭き取れない

おりものや排泄物が毛に付着する

ナプキンで蒸れて不快に感じる

通気性が悪く嫌なニオイが発生する

湿気がこもり、ムレて、痒みやかぶれる

特に、生理中は経血が毛に絡んだり、ナプキンで蒸れたりするので不快に感じることが多いし、ショーツ内は通気性も悪いため、雑菌が繁殖しやすく、嫌なニオイを発生させるし、湿気がこもりやすいので、蒸れやすく、かゆみやかぶれを引き起こすこともあります。

ハイジニーナにすることで、毛に汚れが付着することが無くなるため、ニオイを予防できて衛生的に保つことが出来ます。

自己処理による肌トラブルの解消

ハイジニーナにすると自己処理による肌トラブルが解消される

 

ママ
カミソリでVIOを自己処理すると、2~3日経つと毛が少し生えてきて、下記のような不快に感じることになるよね。

VIO自己処理による肌トラブル

少し伸びるとチクチクする

毛先が下着から突き出る

短い毛がショーツと擦れてかゆくなる

肌が乾燥してカサカサになるし、肌が黒ずむ

肌を傷つけると毛嚢炎やかぶれる

デリケートゾーンの自己処理は、不快感を減らすため、毎日のようにカミソリやシェーバーでお手入れすることもあり、そうなると肌が乾燥するし、肌を傷つける恐れがあり、傷ついた肌から雑菌が入ると、毛嚢炎などの肌トラブルを引き起こすこともあるので注意が必要です。

ハイジニーナにすることで、毎日の自己処理が不要になるため、肌への負担も無くなり、ツルスベの肌を保つことができ、毎日自己処理する手間暇が無くなるだけでも、すごく楽になりますよ。

ムダ毛のはみ出しを気にする必要がない

水着や下着から毛がはみ出していたら恥ずかしいよね

ママ
女性として、陰毛を長いまま放置して、下着や水着からはみ出すのは、身だしなみとしてどうかと思う。

彼や友達と海やプールに行くときに、どんなにカワイイ水着を着ていても、毛がはみ出していたら、一気に魅力がダウンしてしまうし、女性としては恥ずかしいし、毛量が多くてビキニラインにフィット感が無いのも、清潔感が無く、女子力に欠けるよね

ハイジニーナにすることで、毛がはみ出す心配も無くなるので、オシャレなビキニや大胆な下着も自信を持って着こなすことが出来るし、選べるデザインも増えて、女性としての魅力もグンとアップしますよ。

ハイジニーナ脱毛をするデメリット

ハイジニーナ脱毛するデメリットって何?良いことだけじゃないの?

ママ
VIOはVライン(ビキニライン)、Iライン(両側の大陰唇部分)、Oライン(ヒップ奥)を指しますが、それらのアンダーヘアをすべて脱毛処理し無毛にすることを「ハイジニーナ脱毛」といいます。

脱毛サロンや医療クリニックで、女性が脱毛を受ける人気部位の一つがデリケートゾーンであるVIO脱毛で、自己処理がめんどうになってくるんですよね。

すでに紹介したように、ハイジニーナ脱毛をするとアンダーヘアが無毛になるため、デリケートゾーンの不快感を軽減するメリットがたくさんあるけど、やっぱりデメリットもあるので紹介します。

他人に見られる恥ずかしさ

デリケートゾーンを他人に見られるのはお店の人でも恥ずかしい

ママ
脱毛サロンや医療脱毛で受ける場合、プロとは言え、他人に自分のデリケートゾーンを見せなくてはいけないので恥ずかしいですよね。

紙ショーツを履いた状態で少しずつショーツをずらしながら照射を行うサロンもありますが、何も履かずに全開で照射を受けるサロン・クリニックも多いようで、特にハイジニーナの場合は、完全な無毛にするのでショーツはかえって邪魔になるようです。

脱毛するときの体勢ですが、

Vラインの場合は、仰向け

Iラインの場合は、仰向けで膝を片方ずつ「くの字」に曲げて行い

Oラインは、うつ伏せや四つん這いで行うため

粘膜部分や肛門まで丸見えになるし、洗ってきたけど自分の陰部が匂うのでは?

黒ずみが酷くて見せられない!と悩みを抱える方もいるはずです。

ママ
脱毛しない部位にタオルをかけて隠してくれる気遣いをしてくれるところもあるし、毎日たくさんのお客さんを相手にしているプロですので、私が思っているほど気にしていないことが多いようだけど、相手が気にならなくても、私が気になるのよね。

痛みを感じることがある

ハイジニーナ・VIO脱毛は痛みを感じやすい

ママ
VIOは太い毛が密集して生えている上に、粘膜に近い部位は皮膚が薄いので痛みを感じやすくなります。

強い痛みを感じるときには、出力を弱めて照射を行ってくれるエステサロンやクリニックはありますが、そうすると脱毛効果も低下するため、思っていた回数以上に通う必要があるし、追加料金が発生することもあります。

脱毛サロンに比べて出力パワーが強く、永久脱毛ができる医療クリニックでは、痛みを強く感じやすい反面、笑気麻酔や麻酔クリーム(別料金がかかる)を希望者に使うことができるので、なるべく早く脱毛完了させたい方は、麻酔も可能な医療脱毛にてハイジニーナ脱毛を受けることをおすすめします。

※麻酔を受けられるかどうかは事前に必ず相談しましょう。

チクチクを感じるのは最初だけ

ハイジニーナ脱毛するとき、最初の頃はチクチクするのは仕方ない

ママ
VIOのムダ毛を剃ったことがある方なら分かると思いますが、剃った後に毛が伸びてくると、肌にあたりチクチクむず痒くなりますよね。

ハイジニーナ脱毛でも同じことが起こりますが、ずっとチクチクする訳ではありません。

脱毛するときは、自分で剃毛してから照射を受けますが、1回目からすべての毛が抜け落ちるたり、生えてこなくなることはなく、はじめの頃は伸びる毛の量は多いから、どうしてもチクチクしますが、脱毛回数を重ねていくうちに、チクチク感がやわらぎ、感じなくなり、脱毛を完了することができます。

ハイジニーナの脱毛完了回数目安

脱毛サロン:10回~15回

医療クリニック:5回~6回

ハイジニーナにするための脱毛方法

ハイジニーナにするための4つの方法

アンダーヘアは、他のムダ毛よりも脱毛効果が現れにくく、ムダ毛の量も多いため、どんな脱毛方法が一番いいのか気になりますよね。

脱毛・除毛・剃毛など、それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分の肌タイプや脱毛に掛かる金額などによって脱毛方法を選ぶといいと思うので詳しく紹介します。

レーザー脱毛

ハイジニーナにする方法:レーザー脱毛

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛とは医療レーザーを使っているため先生が常駐しているクリニックでできる脱毛方法です。

ムダ毛の黒いメラニンに反応するレーザーを脱毛したい肌に照射して、毛根を直接破壊し脱毛する永久脱毛なので、ツルツル肌にしたい人におすすめの方法です。

出力パワーが強いから痛みも強く、他の部位よりも敏感なアンダーヘアは、より痛みも強く感じることがあるので、我慢できない痛みのときは麻酔(別料金)をする方も多いです。

メリット

パワーが強いため脱毛回数が少ない

永久脱毛ができる

デメリット

痛みが強く、脱毛を諦める人もいる

高額になる

定期的に通う必要がある

光脱毛

ハイジニーナにする方法:光脱毛

光脱毛の特徴

光脱毛は、サロンでできる脱毛方法です。

ムダ毛の黒い色メラニンに反応する光を照射して、毛根にダメージを与えて脱毛する方法で、レーザー脱毛よりパワーが弱いため、痛みも少なく手軽に脱毛したい人におすすめの方法ですが、何度も照射をしなければならないので、脱毛が完了するまでに長い期間掛かってしまいます。

メリット

痛みが少ない

全国にたくさんの脱毛サロンがあり選びやすい

デメリット

脱毛回数が多く、何度も通う必要がある

脱毛完了までの期間が長い

人気のサロンは予約が取りにくい

ブラジリアンワックス

ハイジニーナにする方法:ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスの特徴

ブラジリアンワックスは、ハチミツをベースに作られた脱毛ワックスをムダ毛に塗り、シートを貼り付けて一気にムダ毛を引き抜く脱毛方法です。

ワックスの粘着力で引き抜くため、ある程度アンダーヘアに長さがないと脱毛できませんが、すぐにツルツルになるので今だけハイジニーナにしたい方におすすめで、個人差がありますが、大体2~3週間程度で新しい毛が生えてきます。

メリット

すぐにツルツルになれる

何度も繰り返すと徐々に毛が細くなる

価格が安い

デメリット

すぐに新しい毛が生えてくる

とにかく痛い

毛穴から血がでる、毛嚢炎になる、埋没毛になる、痒みや赤みなど肌トラブルが多い

自己処理

ママ
他人に見せるには恥ずかしい場所なので自分で脱毛したいと思う方も多いと思うので、自分でハイジニーナにする方法もご紹介します。

ムダ毛の自己処理方法:カミソリ

カミソリの特徴

カミソリは、安くて手軽に手に入るので、誰でも一度はやったことがある自己処理方法だと思います。

Vラインは比較的剃りやすいと思いますが、I・Oラインは見えないのでカミソリで剃るときに肌を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

メリット

手軽で安価である

デメリット

見えにくい部分なのでやりにくい

新しい毛が生えてくる時にチクチクして痒くなる

毛嚢炎や埋没毛、カミソリ負けなど肌トラブルになりやすい

ムダ毛の自己処理方法:電気シェーバー

電気シェーバーの特徴

電気シェーバーは、肌に優しいムダ毛の処理方法なのでおすすめです。

見えにくい部分も電気シェーバーなら、肌を傷付ける心配がないので手探りで剃ることもできます。

メリット

肌に優しい

安価で手に入りやすい

デメリット

ツルツルにはならない

チクチクして痒くなる

ムダ毛の自己処理方法:ヒートカッター

ヒートカッターの特徴

ヒートカッターは、小さなコームの奥に熱線が仕込まれていて、ムダ毛をコームですいて焼き切るという方法で除毛します。

火傷の心配がないようにガードが付いていますが、肌ギリギリまで除毛することは難しく、少し伸びた状態に仕上がります。

熱線で焼き切るため焦げたニオイがしますが、切った毛先がチクチクしないのでアンダーヘアのお手入れにはおすすめです。

メリット

店舗で見る事は少ないが通販で購入できて安価である

焼き切るためチクチクしない

デメリット

ツルツルにはならない

すぐに伸びてくる

独特の匂いがある

ムダ毛の自己処理方法:脱毛クリーム

脱毛クリームの特徴

ムダ毛のタンパク質を溶かすチオグリコール酸という薬剤が配合されているクリームを肌に塗り、5~10分程度放置した後に、水で洗い流すとムダ毛が溶けて無くなるという方法です。

Veetやエピラットのように代表的な脱毛クリームは、ドラッグストアにて1,000円弱で購入できるため学生さんなどにも手軽にできますが、正確に言うと脱毛ではなく、除毛で肌の表面のムダ毛を溶かしているだけなので、すぐにムダ毛が伸びてきます。

VIOには使用禁止という除毛クリームも多いため使用する時は注意が必要です。

メリット

ドラッグストアで安く簡単に手に入る

使用方法が簡単である

デメリット

一度ではきれいに除毛できない場合もある

肌に負担が大きく【かぶれ・赤み・痒み】などのトラブルになる事もある

脱毛ではないのですぐに新しい毛が伸びてくる

ムダ毛の自己処理方法:脱毛石けん

脱毛石鹸の特徴

イソフラボンやブロメラインなどのムダ毛の成長を抑制させる成分やムダ毛のタンパク質を溶かすチオグリコール酸が配合されている石鹸です。

脱毛石けんは、徐々にムダ毛が薄くなるものなので、ハイジニーナにするのは難しく、チオグリコール酸は除毛剤にも配合されている成分で、肌に負担を掛けるから、敏感肌の方が除毛石鹸を使用する時は、肌トラブルに注意して下さい。

メリット

毎日使う石鹸を脱毛石鹸に変えるだけで脱毛ができる

デメリット

脱毛できないという口コミが多い

肌に負担が大きい

ハイジニーナ脱毛完了までの期間と回数

ハイジニーナ脱毛完了までの期間と回数

ママ
デリケートゾーンをハイジーナ脱毛するのに、どのくらいの期間と回数が掛かるのでしょうか。

医療脱毛(クリニック)・脱毛サロン・家庭用脱毛器、それぞれの脱毛期間と回数の目安を比較してみました。

照射回数
期間
医療
脱毛
脱毛
サロン
家庭用
脱毛器
効果を感じた
照射回数
期間
1~3回
約6ヵ月
3~5回
約1年
3~4回
約2ヵ月
脱毛に満足した
照射回数
期間
6回以上
約1年半
12回以上
約3年
6~10回
3~5ヵ月

医療脱毛・エステサロン・家庭用脱毛器の中で、脱毛を初めてから1~3回目の早い段階で効果を感じることができるのは医療脱毛ですが、期間で見ると、医療脱毛は約6ヵ月掛かりますが、家庭用脱毛器は効果を感じるまでの期間は2ヵ月とダントツで早いことが分かります。

ママ
医療脱毛よりも、家庭用脱毛器のほうが脱毛効果を感じるのが早いのは、照射間隔が違うからです。

医療脱毛は約2ヶ月に1回
家庭用脱毛器は約2週間に1回

と短期間でたくさん照射することで脱毛効果を高めるのが、家庭用脱毛器の使い方だからですね。

また、満足した脱毛が出来るまでの期間でも、家庭用脱毛器が3~5ヵ月と医療脱毛やサロンよりも半年以上も早く脱毛効果に満足できると感じるようです。

ハイジはちょっと!という人にはVIO脱毛がおすすめ!

こんな人にはVIO脱毛がおすすめ!

ママ
ハイジニーナ(無毛・パイパン)にするのは恥ずかしいけど、デリケートゾーンの毛はどうにかしたい!

VIOラインを脱毛しようかと悩んでいる人は、きっと多いよね。

夏の時期になって、肌の露出が増えるし、生理のときの痒みやかぶれ・ニオイ、自己処理による肌の黒ずみなど、デリケートゾーンの悩みを少しでも解消するためにも、VIO脱毛はオススメしたい!

こんな方にVIO脱毛はおすすめ

  • 水着や下着からアンダーヘアがはみ出る
  • IラインとOラインの毛が気になる
  • デリケートゾーンの黒ずみを避けたい
  • 蒸れやニオイを解消したい
  • 生理時のかゆみを改善したい

VIO脱毛をすることで、あなたの悩みは解決する可能性があります!

水着や下着からアンダーヘアがはみ出る

脱毛してムダ毛の形を整えておくことで、アンダーヘアがはみ出ることはないから自信を持って水着や下着を着ることができます!

IラインとOラインの毛が気になる

⇒ 自分では見えないIOラインを脱毛することで、ニオイ・蒸れ・かゆみなど衛生面でも日常生活でも◎

デリケートゾーンの黒ずみを避けたい

⇒ デリケートゾーンの黒ずみの原因は『デリケートゾーンの自己処理・下着や座った時の摩擦・新陳代謝の低下』などが考えられます。

黒ずみの大きな原因の一つにムダ毛の自己処理がありますが、黒ずみを解消するには自己処理をやめることが最も効果的です。

脱毛することで、自己処理しなくてすむので、色素沈着や赤みなどを引き起こすことなくムダ毛を処理することが出来ます。

また、自己処理の機会がなくなれば、メラニンが大量に生成されることもなくなるので、黒ずみが自然に解消します。

蒸れやニオイを解消したい

⇒ 蒸れやニオイは、経血やおりものがムダ毛に絡まることでおきますが、脱毛してムダ毛の量を減らすことで毛の絡まりも減り、改善される可能性があります。

生理時のかゆみを改善したい

⇒ 生理時はナプキンを付けることで痒みを感じることや不快感があります。

デリケートゾーンを清潔に保つことで痒みは改善されるはずです。

デリケートゾーンのムダ毛は衛生的な面からも脱毛しておくといいと思います。

ママ
VIOの悩みは、人それぞれですが、デリケートゾーンのことなので、人に聞きづらく悩んでいる人は意外に多いと思うの。

でも、脱毛することで悩みが解決され、衛生面でも多くのメリットがあるから、私はオススメするけどね。

VIO脱毛をおすすめする理由は…

☆自己処理しなくて良くなった!

☆水着や下着姿に自信が持てるようになった!

☆蒸れやかぶれなど肌トラブルが解消された!

☆ニオイが気にならなくなった!

ママ
アンダーヘアの毛を残すときに、どんな形・デザインにしたらいいのかを悩んだら、下記の記事を見て下さいね。

アンダーヘアのデザインって、VラインとIラインの組み合わせで色々あるので、あなたに合った形や毛量にするといいよ。

Vライン
Vラインの自己処理方法をイラストで手順を解説
自宅でVラインの自己処理方法!どこまで形や長さを整える?簡単なやり方

アンダーヘアのVラインを自己処理するとき、肌から毛が見えなくなるようにカミソリで深剃りするとチクチク感を感じるまでの時間が長くなるし、毛がない綺麗なツルツルな状態を長時間維持できると思っていましたが違 ...

続きを見る

ハイジニーナにして良かったこと

ハイジニーナにして良かったこと・メリット

ママ
女性がハイジニーナにすることは、見た目だけでなく、衛生面でもメリットがあるよ。

生理の時や度重なる自己処理で、肌が色素沈着している方も多いですが、脱毛が完了すれば、そのような悩みからも解放され、アンダーヘアの自己処理は見えにくいし、肌トラブルも起こりやすいので、自己処理がいらなくなることは、大きなメリットになるはずです。

・生理の時にムレや痒みが無くなり快適になった

・水着や小さめの下着からのハミ毛を気にしなくてもいい

・面倒な自己処理の必要がなくなった

・自己処理していた時の肌荒れや黒ずみが改善された

・男性ウケが良い

・急な予定が入っても慌てなくてよい

・おしゃれが楽しくなった

ハイジニーナにして失敗・後悔したこと

ハイジニーナにして失敗・後悔したこと・デメリット

ママ
ハイジニーナまたはVIO脱毛でアンダーヘアを整えることは、衛生的に「良かった!」と思っている方がほとんどだと思うけど、見た目を後悔している方もいるようです。

ハイジニーナは「男性ウケが良い」という意見がある一方、「よく思わない男性もいる」という方もいるので好みが分かれるところだと思うけど、彼や旦那さんに相談せずに脱毛してしまうと、あとからケンカになってしまうかも知れないね。

・温泉などで恥ずかしい

・彼に相談していなかったので驚かれた上に浮気を疑われた

・ハイジニーナをよく思わない男性もいる

・予想以上にお金が掛かった

・彼に毛じらみを疑われた

・照射中は恥ずかしいし、痛かった

・遊んでいると思われてしまう

男性はアンダーヘアがツルツルだとどう思う?

ハイジニーナにしたら男性は思う?

ママ
ハイジニーナ脱毛は、アンダーヘアが全くない状態のことを言います。

アンダーヘアが全く無いと衛生的にも良く『生理時に快適、蒸れない、ニオイがしない、自己処理がラク、ハミ毛を気にしなくてよい』などメリットだらけの脱毛です。

しかし、脱毛は一度ツルツルにしてしまうと、なかなか元の状態に戻すことができないので、脱毛したいと思っていても「男性にどう思われるか」と不安になる女性も多いようです。

男性は正直なところ「アンダーヘアがツルツルの女性」をどう思っているのでしょうか。

賛成派の男性意見

ハイジニーナに賛成の男性意見とは?

清潔感があるので、ハイジニーナ脱毛をぜひやってもらいたい!

ハイジニーナ脱毛が好き!脱毛のコストと時間のデメリットは分かるが、手入れも何もしないで放置しないでほしい

ボサボサのままだと、女性としての魅力が減ってしまう、きちんと処理をした方が間違いなく魅力的!

ツルツルの方が、清潔感があって好き!

水着から毛がはみ出していたら一緒に歩きたくない

彼女が脱毛するのなら費用の援助もしてあげたい

ムダ毛があるとニオイや汚れなどが付着して清潔とは思えないのでハイジニーナが良い

ハイジニーナにするとニオイが無臭に!脱毛賛成です!

反対派の男性意見

ハイジニーナに反対の男性意見とは?

整えられた毛よりも、ありのままのボーボーの姿を見ていたい

毛が生えてないと幼く見えてしまうので、脱毛しないで自然体でいて欲しい

正直なところ、デリケートゾーンの毛のことはあまり気にしていない

よほど毛量が多いなどの場合は別だが、人体のありのままの姿を大切にするべき

正直どちらでも良い派の意見

ハイジニーナにするのはどちらでもいいという男性意見

本人が決めたらいいと思う、どちらでもよい

それほどデリケートゾーンの毛に対して気にしていない

本人が楽しんでいるなら好きにして良いと思うが、サロンに行ってまで脱毛しなくてもと思う

毛はみんなあるものだから、ハイジニーナ脱毛はしてほしくないが、ボサボサ過ぎるのは嫌かも、だからと言って女性に何か言うつもりはない。
女性にVIOの毛のことで悩んでほしくない

剛毛は剛毛で良さがあります。
ハイジニーナは確かに衛生的で清潔感はあるが、どうしても不自然な感じがする

メモ

ハイジニーナ脱毛については肯定的な意見を持っている男性は多いことが分かりましたが、反対派も以外と少なくないことも分かりました。

男性全員が良いイメージを持っている訳ではないようですね。

ハイジニーナ脱毛をするか悩んでいる人は、パートナーに相談して、決めたほうがいいかも知れませんが、体の負担を軽くすることもできるから、ハイジニーナも含めて私を好きになってもらわないとね。

まとめ

ママ
女性にとって、デリケートゾーンつまりはVIOの毛を処理することは、日常生活の中で感じるかゆみやかぶれ・ニオイなどの不快感を解消するのに、効果的な方法の一つだと私は思っています。

塗り薬を付けて、痒みやかぶれを抑えることもしたけど、下着やナプキンと擦れて塗った薬が取れて痒みもかぶれも治まらないこともあったけど、Vラインのアンダーヘアの形を整えて、ヒートカッターで毛の長さを短くして、IラインとOラインの毛はカミソリで剃ると、かなり軽減されます。

脱毛は、どうして料金が高いし考えてしまうときには、カミソリとヒートカッターでまずは処理して、快適さを実感できたら、脱毛を考えて見るのもいいかも。

Vラインを綺麗に自己処理する方法

Iラインを綺麗に自己処理する方法

Oラインの自己処理方法

私は、家庭用脱毛器ケノンを購入して脱毛したけど、VIO脱毛だけなら、脱毛サロンや医療クリニックのほうが安いことがあるから、ここで紹介したところで比較検討してみるといいと思います。

VIOや脇など一箇所でも脱毛すると、毛が生えてこないという快適さと美意識の向上により、他の部位も脱毛したいという気持ちになって、追加で脱毛したくなることも考えると・・・

ママ
家庭用脱毛器ケノンを使って脱毛するのが一番手っ取り早く効果を感じ、満足度が高いと、使っている私は知っていますけどね。

あなたも、きっと、安くて脱毛効果が高く、コスパが良い脱毛方法がいいよね?



にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ

おすすめ記事

ケノンを購入するときに価格を調べてみた感想と見るべきポイント 1

何か購入するときには、価格を調べて、どこのお店で買おうか判断するよね。 ケノンは、家電量販店では販売されてなく、通販のみでの販売で、よく利用している通販サイトでも買うことができ、調べてみたところ下記で ...

分割でケノンを買う!クレジットカードとショッピングローンの違い 2

ケノンを使って脱毛したいけど、とても一括で支払うのは難しいというときには【分割払い】を選ぶことが可能です。 ケノン購入時に使える分割ローンは クレジットカード ショッピングローン の2つの方法です。 ...

【検証】ケノン美顔器のシミ取り効果!写真で変化を見て結果に驚くはず 3

ママケノンは脱毛器としての効果も高く人気があるけど、美顔器としても高い効果を発揮するという口コミ・評価をよく見かけますよね。 ケノンの美顔器は、美容フォトフェイシャルと同じ仕組みだから、 お肌を健康的 ...

-脱毛コラム

Copyright© 脱毛器ケノンの使い方と効果を徹底検証するブログ | ケノン家族 , 2021 All Rights Reserved.