ケノンの使い方

ケノンの効果を高める照射頻度は2週間・1週間・3日のどれか試した

投稿日:

ケノンの効果を高める照射頻度は2週間・1週間・3日のどれか試した

ケノンを使って脱毛するとき、照射頻度は【2週間に1回】が基本です。

でも、こんな風に思うことがありますよね。

  • 夏に間に合うように脱毛したい!
  • 早く脱毛を完了させたい!
  • 最短・最速で脱毛したい!

脱毛効果を高めて早期に実感するためには、照射頻度は【2週間に1回】or【1週間に1回】or【3日に1回】では、どれが実感しやすいのか、さらに効果を高める方法についても解説します

脱毛器ケノンで綺麗な肌を手に入れられるとしたら欲しいよね?

ケノンの正しい照射頻度

ケノンの正しい照射頻度

ママ
ケノンを使って脱毛するときの照射頻度は、毎日ではありません!
毎日照射すると肌への負担が大きくなり、赤みやかゆみ・かぶれなどが現れることがあります。
ナビ

脱毛サロンや医療クリニックでも、次の予約を取るのは2~3ヶ月先の予約となるけど、ケノンの照射頻度も2~3ヶ月空けないといかないの?

ケノンも脱毛サロンも同じ光脱毛ですが、照射間隔は少し違いますので、ケノンはどのくらいの間隔で照射すると効果的なのか解説しますね

2週間に1回が基本

ケノンの取扱説明書には「2週間に1回程度を目安に照射する」と書かれています。

人の体毛には毛周期(毛の生え変わり)があり、ケノンのような光脱毛は毛周期に合わせて脱毛する必要があり、照射したときに成長期の毛根にダメージを与えて脱毛していきます。

ママ
実際に使ってみて思ったのは、基本、肌から出ている毛に照射すると光を浴びた毛の毛根は、かなりのダメージを受けていると感じます。

脱毛サロンや医療クリニックでも同じで、毛周期に合わせて脱毛していくので2~3ヶ月に1回というペースで照射していく場合がほとんどです。

  • では、なぜケノンは2週間おきとサロンよりも短い期間で照射するのかというと・・・

毛根にある程度のダメージを定期的に与えることで、毛が生えてくるスピードを遅くして脱毛効果を実感するまでの期間を短くしています。

これは、ケノンだからできることで、サロンやクリニックではできないことですね。
ナビ

脱毛効果は最短で2ヶ月~2ヶ月半

ケノンの取扱説明書には、脱毛効果を感じるまでの回数は4~5回程度とも書かれているので、2週間に1回のペースで照射すると2ヶ月~2ヶ月半程度で多くの方が脱毛効果を感じています

同じ人でも部位によってムダ毛の濃さや量に違いがあり個人差も大きいので、おおよその目安の回数や期間になります。
ナビ

使用方法を守って定期的に脱毛していると、どんなに剛毛な方でも効果は感じられますが、期間や回数は多くなることが多いです。

ママ
私が実際に使ってみた感じでは、毛が薄い部位、ほとんど生えてない部位を脱毛する時は2ヶ月~2ヶ月半で実感できるけど、毛の質が濃いとかムダ毛が多い部位の場合はもっと長く掛かりました。

照射頻度別おすすめ度

ケノンで脱毛するときのおすすめ照射頻度は?

ケノンは毛の成長に合わせて照射してく必要があるため、取扱説明書には2週間に1回の照射を推奨しています。

自己責任の範囲になりますが、肌の状態を確認しながら照射間隔を短くして重ね打ちすることで、脱毛効果を高められることを私の肌で確かめたのでお伝えします。

2週間おきに照射

ケノンの照射頻度:2週間に1回

メリット

  • 肌負担少ない

照射間隔を空けることで、肌を休ませて健康な状態にすることができ、次の照射時に肌への負担を少なくできます。

  • メーカー推奨期間で安心

ケノンが推奨している照射間隔なので安心して使うことができます。

  • 毛周期にあった脱毛

ケノンを使って脱毛効果を高めるのに、毛周期にあった照射頻度で使うことができます。

デメリット

  • 脱毛実感まで2ヶ月と長い

2週間おきの照射間隔なので、脱毛を実感するまでに2ヶ月程度の期間が掛かります。

  • 脱毛したい季節(夏)に間に合わないかも

脱毛を始める時期が遅いと、肌の露出が増える夏の時期までに脱毛が完了しないことがあります

ママ
慌てて、脱毛する必要がない人は【2週間に1度】の照射頻度でケノンを使うのがいいと思いますよ。

2週間おきがおすすめの人!

  • 痛みに弱く、肌へ負担をかけたくない人
  • 女性や毛の薄い人
  • 脱毛する部位別に照射日を変えたい人
  • メーカー推奨を厳守したい人

1週間おきに照射

ケノンの照射頻度:1週間に1回

メリット

  • 効率よく脱毛できる

2週間おきに比べて、毛根に2倍のダメージを与えることができ、より効率的に脱毛できます

  • 剛毛な部位の脱毛効果を早く実感できる

4~5回の照射を1ヶ月でできるので、脱毛効果を感じるのが早く、脱毛するモチベーションアップになります。

デメリット

  • 肌が弱いと負担が大きい

照射間隔が短いため、肌が弱い人は赤みやかゆみなどを感じることがあるので、照射前後の冷却と保湿をしっかりと行う必要があります。

ママ
肌に異常が出なければ1週間おきでケノンを使うと、脱毛完了までの期間が大幅に短くなるのでおすすめです!

1週間おきがおすすめの人!

  • 毛量が多く、脱毛完了までに時間が掛かる人
  • 男性の髭やVIO・脇など、もともと脱毛に時間が掛かる部位を短期間で脱毛したい人

3日おきに照射

ケノンの照射頻度:3日に1回

メリット

  • 剛毛部位の脱毛を確実する

髭やVIO・脇の毛が太くて濃い部分の脱毛回数は多く、それだけ脱毛期間も長くなるけど、3日おきに照射することでより多くのダメージを毛根に与えることができます。

  • 超短期間で脱毛する

1週間に2回の頻度でケノンを照射するので、短期間での脱毛を実現できます

デメリット

  • 肌へのリスクが高い

肌が受けたダメージが回復する前に照射することになると、赤くなる・痒みが出るなどのリスクがあり、肌の状態を確認しながら照射する必要があります。

  • 頻繁に脱毛することになる

1週間に2回、脱毛することになるので時間的な余裕がないと継続するのが難しいです。

3日おきに脱毛するのが、一番効果があると感じます。肌に異常が出なければね。
パパ
髭は、やっぱり回数が必要になるから短期間でたくさん照射するのが脱毛の近道!
パパ
ママ
下の毛の毛量を減らしたり、毛を細くしたりするのにも2週間で4回脱毛して、2週間様子を見てからまた脱毛すると言った感じですると短期間で理想の毛並みや毛量にできます。

3日おきがおすすめの人!

  • 肌が強く、レベル10の照射でも赤みや痒みがない人
  • 痛みに強い人
  • 毛の量が多く剛毛な人
  • 男性の髭やスネ
  • とにかく早く脱毛したい人

照射頻度別の脱毛実感最短回数はどれ?

ケノンの脱毛効果を早く感じる照射頻度は?

ママ
照射頻度を変えることで、脱毛効果を実感できる回数と期間を知るために実験的に行ったデータです。

方法は、膝下のムダ毛の一部を2週間おき・1週間おき・3日おきに照射して、毛が生えてこなくなったという脱毛効果を実感できた回数と期間を表にまとめたものです。

部位 対象 頻度 回数 期間





パパ
2週間
5回目
2ヶ月半
1週間
5回目
1ヶ月半
3日
4回目
12日
ママ
2週間
4回目
2ヶ月
1週間
4回目
1ヶ月
3日
3回目
9日
息子
2週間
6回目
3ヶ月
1週間
6回目
1ヶ月半
3日
4回目
12日
2週間
2回目
1ヶ月
1週間
2回目
2週間
3日
2回目
6日
ママ
ケノンの照射頻度による脱毛効果は、毛量や毛質で左右されるようですね。
毛が薄くて、細い女性は照射間隔に関係なく少ない回数で脱毛を実感することができるようです。
パパ
でも、毛が濃い・毛深い男性は、実感できるまでの期間は4~5回程度だけど、3日に1度の照射間隔にすると脱毛を実感するまでの期間は短くなることが分かりました。
パパ
ママ
肌の状態や脱毛を完了させたい時期にもよるだろうけど、3日おきでの脱毛は早い!でも、肌への負担を考えるなら1週間に1度の照射がいいと思います。

脱毛効果をより高めるならこの方法

ケノンで脱毛効果を高める方法

ママ
ケノンを使うなら、より早く、より確実に脱毛したいよね。

サロンだと、脱毛完了までに1年~3年ほど掛かるけど、家庭用脱毛器のケノンを使って脱毛するなら半年4ヶ月~1年ほどで脱毛完了できちゃいます。

私はケノンを使って脱毛し、剛毛だった脇が半年ほどでほぼ無毛になりましたが、脱毛効果を高めて、早く脱毛完了を目指すために実践している方法についてご紹介したいと思います。

レベルは「10」で

ケノン照射時はレベル10が脱毛効果が高い

ケノンの照射レベル10は、脱毛サロン並みの出力パワーを持っていて、性能を最大限に活かして脱毛効果を高めるなら【レベル10】に設定するのがおすすめです。

パワーが強い分、痛みや刺激を感じることがありますが、そのときは、照射部位を良く冷やしてから照射すると、ほとんど感じなくなります。

最大レベル10を使うときのメリット・デメリット・対策について理解しておきましょう。

メリット

  • 脱毛効果最大
  • 脱毛完了最短
  • サロン並み

デメリット

  • 痛みを感じる
  • 熱さを感じる
  • 焦げ臭くなる
  • 乾燥しやすい

対策はコレ!

  • 照射前後に保冷剤で冷やすこと
  • 肌が乾燥しやすいから保湿する
  • 色素が濃い部分への照射は不可

重ね打ちする

ケノンで脱毛効果を高める重ね打ち

同じ場所に照射することを重ね打ちと言いますが、肌への負担が大きくなるのでメーカーは推奨していません

でも、効率よく毛根にダメージを与えることができ、脇やVIO・ヒゲなどの剛毛部位に有効な照射方法なので、私も実際に重ね打ちをしてみました。

自己責任ですが、試してみる価値は十分あります!

メリット

  • 脱毛効果2倍
  • スピード脱毛

デメリット

  • 肌刺激も2倍
  • 熱さを感じる
  • 乾燥しやすい

対策はコレ!

  • 照射前後に保冷剤で冷やすこと
  • 肌が乾燥しやすいから保湿する
  • 髭・VIO・脇の剛毛部位だけにする
  • 重ね打ちは2回までにする

脱毛直後と日々の保湿ケア

ケノン脱毛直後と日々の保湿ケア

ケノンで肌を照射すると、熱により水分が蒸発して乾燥しやすく、カサカサになり、白く粉をふくことがあるので保湿ケアを行います。

保湿ケアをする理由としては・・

  • 肌に潤いを与える
  • 水分補充で乾燥予防
  • 健康な肌の状態に戻す

継続してケノンを照射するためにも、脱毛直後だけではなく、日々の保湿ケアも行うことで肌トラブルが解消し、脱毛効果にも繋がります。

より早く脱毛効果を実感することができますが、照射前後の冷却と、保湿ケアがとても大切なので、忘れないようにしましょうね。

まとめ

ケノンの照射頻度を変えて分かったこと

実際に、2週間おき・1週間おき・3日おきに照射してみて、脱毛を実感するまでの照射回数や期間が、どうなのか脱毛してみましたが・・

照射間隔を短くしたほうが、より脱毛効果を実感できるまでの期間は短くなることが分かりました。

ただし、肌への負担も考えると照射頻度のおすすめは・・

1週間に1回

ただし、

髭・VIO・脇なら
3日に1回

ママ
私達、家族4人で使ってみた結果ですので、参考になればと思います。

ケノンを使ってみた検証結果!

脱毛器ケノンを購入するに至った理由とは?
ママ
私はケノンを使うか、脱毛エステに通うか悩んでいましたが結局ケノンを使うことにしました!

なぜ、脱毛エステではなく家庭用脱毛器を選んだのか、詳しく実際に使って解説しているページを作成しましたので、迷っている方はぜひ一度読んでみてください。


このページを読めば、あなたが脱毛エステに通うべきか、ケノンを使ってみるか、きっと参考になると思います。私の家では、私、旦那、息子、娘、家族全員でケノンを使い脱毛をしています。そして、家族全員ハッピーになっています!


ケノンが欲しくなる記事はこちら



ケノンの正しい使い方、脱毛前と脱毛後のお肌の変化などわかりやすくまとめていますので、参考にしてくださいね♪
ママ


にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケノン家族

脱毛器ケノンを使ってムダ毛を脱毛している「ケノン家族」です。40代のママとパパ、そして中学生の娘と高校生の息子の4人で脱毛をして、毛が無いツルツルのお肌を目指している家族です。家庭用脱毛器は、家で脱毛できるメリットがあるけど、間違ったやり方をすると肌が赤くなる原因になるから、おうち脱毛するための効果的な正しい使い方と美顔器(スキンケア)の効果も一緒に紹介します。「こんな情報も知りたい!」「これはどうなっているの?」という疑問や質問があれば、気軽にお問合せ下さい。できる限り調べてお伝えしたいと思います。

おすすめ記事

ケノンを購入するときに価格を調べてみた感想と見るべきポイント 1

何か購入するときには、価格を調べて、どこのお店で買おうか判断するよね。 ケノンは、家電量販店では販売されてなく、通販のみでの販売で、よく利用している通販サイトでも買うことができ、調べてみたところ下記で ...

【保存版】ケノンの効果的な正しい使い方!脱毛効果を得るためのコツ 2

ケノンは正しい使い方をすれば、しっかりと脱毛効果を発揮してくれます。 でも、間違った使い方をすると、肌が赤くなったり、脱毛効果が低くなり毛が生えてきたりすることもあります。 「私に使えるかな~」 と不 ...

ケノン美顔器は効果があると言いたい!シワが薄く・肌に透明感が出た 3

家庭用脱毛器のケノンは脱毛だけではなく、美顔器としての機能も評価されています。 ケノンは脱毛をメインで購入して、おまけみたいなもので美顔(スキンケア)カートリッジがセットになっているときに購入しました ...

-ケノンの使い方

Copyright© 脱毛器ケノンを日本一丁寧に検証する口コミブログ | ケノン家族 , 2019 All Rights Reserved.