脱毛コラム

介護脱毛を考える40代・50代!介護経験者だからおすすめしたい理由

更新日:

介護脱毛を考える40代・50代!介護経験者だからおすすめしたい理由

脱毛サロンやエステ・医療クリニックのカウンセリングを受けたとき、40代・50代に方が脱毛を受ける理由の一つに「介護脱毛」が増えてきているそうです。

ママ
私の祖母と祖父も、実家で介護していて、毎日のように自宅と実家を行き来して手伝っていますが、下の介護の大変さは痛感しています。

介護が必要になったときには、アンダーヘアにも白髪が混じっているから完全に脱毛することができないから、自分が介護されるときのためにも40代頃からムダ毛脱毛を考えて、備えることも必要になってくると思います。

  • 介護脱毛とは何?
  • どこを脱毛するの?
  • 私が介護を経験して脱毛が必要だと思ったこと
  • 40・50代だから注意すべきこと
  • サロンに行きにくいと感じる理由
  • セルフ脱毛という方法

について解説しています。

脱毛器ケノンで綺麗な肌を手に入れられるとしたら欲しいよね?

介護脱毛とは

介護脱毛とは

介護脱毛とは

自分がいざ介護を受けるときのために、デリケートゾーンや脇などのムダ毛を脱毛して備えておくことを言います。

ママ
親の介護をして始めて、ヘルパーさんに介護脱毛の話を聞きました。

確かに、親の介護をして大変なのが、デリケートゾーンのムダ毛が原因で起こる

  • おむつにかぶれ
  • 排泄物の付着による不衛生
  • ニオイ

など、介護する側にとってはキツイ問題です。

ナビ
介護してもらう際の恥ずかしさの軽減や、余計な手間を掛けさせたくないなど、気遣いの気持ちから生まれた、新しい時代の脱毛と言えます。

この介護脱毛は、おもに40代~50代前後のまだ介護の心配のない若い時からケアをすることが必要になります。

その理由は

一般的な脱毛方法は、黒い毛に光が反応して施術をするため、白髪になってからの脱毛には効果が期待できないからです。

白髪を脱毛する方法もありますが、費用面や痛みなどを考えると白髪になる前に脱毛するのがおすすめです。

そのため、まだ介護の心配のない若い40代・50代の方が、アンダーヘアや脇を脱毛することが多くなっています。

介護経験者の脱毛に関する意見

親の介護をして分かったムダ毛がある大変さ

介護脱毛は、実際に介護を体験した人が、

ママ
自分が介護を受けるときには、介護する側に迷惑を掛けたくない!

という介護する側に対する思いやりから生まれた脱毛です。

ムダ毛があることによって、介護がしにくいと感じている介護経験者は多いです。

30代|女性|介護士

介護脱毛に関する介護士の声

脱毛は必要

毛がないだけで違う

無毛または薄ければお手入れは楽!

毛の生え具合(毛量)は個人差があり、密やかな人もいれば、びっしり密集している人もいます。

便のときは、密集しているとなかなか綺麗に取れないので、毛に絡まった便のニオイがきつくなり、マスク無しでは対応できないことがあります。

無毛だと、綺麗に拭き取ることができ、臭いだけではなく、清潔に保つことが楽にできます。

20代|男性|介護士

介護脱毛に関する介護士の声

勝手にカットできない

脱毛は男性におすすめ

ムダ毛処理も了承が必要なので!

女性は、年齢を重ねると毛量が薄くなる人が多いですが、デリケートゾーンや肛門周りに毛が生えている人は事前に脱毛しておくと清潔に保つことができます。

男性のほうがガッチリ生えている人が多く、歳をとっても毛量は、ほとんど変わりませんし、肛門周辺の毛がみっちりと生えている人も多く、便やトイレットペーパーの拭きカスが残ることもあります。

不衛生な状態のままだと膣炎や膀胱炎になりがちなので、清潔保持のためにも短くカットしたいなぁというのが現場の本音ですが、上司からVIOの毛は家族の了承がないとカットは無理ということで、脱毛しておいて頂くと、より清潔に保つことができると思います。

43歳|女性|埼玉県

親の介護をして脱毛したほうが良いと思った

介護の大変さを実感

介護脱毛は必須かも

体験したからこそ分かった介護の苦労

祖母の介護をしたとき、毛についた排泄物を拭き取るのに苦労をした。

排泄物だけではなく、拭いたときトイレットペーパーも絡むため、最終的にはウェットティッシュで拭いて、毛に絡まったカスは丁寧に拭き取るしかありません。

また、体を拭くときも、毛が長いと皮膚を拭くことがでないことがあり、かゆみやニオイの原因になるから何回も拭くため時間が掛かります。

自分の子供には苦労はさせたくないので、老人ホームなどに入れてもらえればいいと思いますが、いずれにしても脱毛しておかないと介護士の人の苦労は減りませんので、自分は介護脱毛をしようと思いました。

29歳|男性|大阪府

介護でムダ毛が作業の邪魔をするのを実感

ニオイが気になる

介護に支障がでる

ニオイが酷いと頭痛に悩まされることも

おじいちゃんやおばあちゃんの介護を親がしているのを見ると、移動させるときが大変みたいで、体力のある若い人の力が必要みたいです。

脇を支えたり、抱きかかえたりするときに臭いがきになってしまうため、マスクは必須です。

脇のツンとしたニオイ、排泄物のニオイ、マットレスに染み付いた尿臭などは介護する上で、悩ましい問題です。

少なくとも、自分ができることは脱毛してムダ毛を無くしておくことで肌を清潔に保てるようにすることだと思うので、脱毛をはじめました。

介護を楽にするにはどこまで脱毛する?

介護を楽にするにはどこまで脱毛する?

ママ
アンダーヘアを脱毛しておくことで、介護する側も、される側も負担が軽減されることは間違いありません。
介護脱毛では介護されるときのことを意識してアンダーヘア以外の部位も脱毛する人が増えています。
ナビ

介護脱毛で人気の部位

  • VIO
  • 全身
ママ
どこまで脱毛したら介護は楽になるの?

介護脱毛:VIO

介護脱毛で一番人気のVIO

ナビ
排尿・排便時に干渉する部位をしっかり処理しておけばOK!
  • Vライン・ビキニゾーン(正面から見える部分):密度が高く太い毛が生えている
  • Iライン(女性器の周辺):ムレやニオイの原因になりやすい
  • Oライン(肛門まわり):排泄物がこびりつきやすい

Iライン、Oラインは単独で施術を受けるより、VIOラインをセットで脱毛施術を受けた方がコストは抑えられます。

アンダーヘアを無毛のハイジニーナにすることに抵抗がある場合は、毛量や毛質を抑えて、形を整える脱毛方法もありますので「 Vラインのデザイン一覧 」で、どのような形にするかの参考にして下さい。

介護脱毛:脇

介護脱毛でおすすめの脇

脇を脱毛することで

  • 体を抱きかかえやすくなる
  • 脇を洗いやすい
  • 体を拭きやすい

などの、介護者の負担が減らせます。

脇毛は毛根が太くしっかり生えているため、夏場など汗をかいたときのニオイの軽減のためにも脱毛しておくべき部位です。

介護脱毛:顔

介護脱毛で人気の顔脱毛・髭脱毛

ナビ
閉経後は女性ホルモンの分泌量が激減するので、女性でも硬く太い髭が生えやすくなります。

介護職員が行える介助は限られているため、理容師資格のない介護職員はカミソリの使用は認められていないので、カミソリでの剃毛はできません

電気シェーバーでの髭剃りは、専門的な知識や技能が不要なので差し支えないものと考えられますが、毎日処理は行なえません。

年齢を重ねて、体の自由が利かなくなっても、最低限の身だしなみは保っていたいものです。

パパ
それは男性も、同じですよね。介護に備えた脱毛として40代・50代のうちに髭脱毛・顔脱毛は済ませておきたいですね。

介護脱毛:全身

介護脱毛で可能な全身脱毛部位

全身脱毛は、顔を含めた脚・腕・背中・お腹・胸などの全身のムダ毛は全て脱毛することです。

髪の毛や眉毛・アンダーヘア以外の毛は一切ない状態にしている中高年者も少なくありません。

ナビ
介護脱毛では、どの部位をどれくらい脱毛するかは人によりますが、完全にツルツルの無毛の状態にしてしまう人も珍しくありません。
毛が少なければ少ないほど介護の際の下の世話はしやすくなるので、思い切って全てを脱毛してしまうのが、もっとも理にかなっていると言えます。
ママ

介護を経験して脱毛を考えた

介護を経験して脱毛を考えた

親の介護をして本当に大変だと思ったことが

  • 尿や排便のお世話
  • オムツ交換

は、想像以上に大変です。

何が大変かというと、

  • 身長や体重がある
  • 動き回る
  • 体を動かす
  • 濡れていると着せにくい

など、実際に介護をすると大変なことが多いです。

ママ
オムツ交換するとき、排泄物がグチャグチャになって前の方まできて、アンダーヘアにも付着して、拭き取るのが大変!

赤ちゃんは、足を持って拭けばいいけど、大人になると力があるし、ジッとしていないから、拭き残すことがあります。

拭き残すと、オムツの中は蒸れやすいので、赤みやかゆみが発生したり、嫌なニオイが発生したりする原因になり、高齢者は免疫や抵抗力が落ちているので衛生的に保つためにも汚れをキレイに取り除く必要があります。

オムツ交換に手間がかかると、介護する側も負担に感じるし、介護される側も見られる恥ずかしさや申し訳なさを感じます

ママ
実際に排泄介助の大変さを経験すると、将来、自分が介護される立場になったときのことを考えて、元気なうちに脱毛をしておこうと考えますね。

介護脱毛をしようと思った理由

介護脱毛をしようと思った理由

ママ
介護脱毛は、まだまだ先でいいかなぁと思っている方も多いと思いますが、脱毛は白髪になると出来なくなります。

光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン(黒色)に反応して毛根を刺激する仕組みになっているので、白髪には反応しにくいため、脱毛サロンやクリニックでは白髪があると施術を断られることも多いです。

だから、40代・50代の人が脱毛を考えるのであれば、白髪が生えてくる前に、自分自身が元気で動けるうちに、脱毛しないといけません。

親の介護を経験して、介護脱毛しようと思った理由は下記の通りです。

介護脱毛しようと思った理由

  • 祖母の排泄介助をして、毛に絡まった排泄物を拭き取るのに苦労した。
  • サロンで白髪は脱毛できないとのことで、黒いうちに脱毛完了したい。
  • 将来、介護される側になったときに備えてVIOを綺麗に脱毛しておきたい。
  • 高齢になっても、デリケートゾーンを衛生的に保つため。
  • 介護されるときに、家族や介護士さんの負担を少しでも減らしたい。

介護脱毛を考えたときの不安

介護脱毛を考えたときの不安

いざ、脱毛するとなると、誰もが不安を感じるものです。

特に脱毛自体が初めての方にとっては、その思いは余計に強いと思います。

介護脱毛に対する不安

  • VIO脱毛で、陰部を見られるのが恥ずかしい。
  • 痛みに弱いので、脱毛時の痛みに耐えられるか不安。
  • 敏感肌のため、肌荒れが心配。
ママ
脱毛サロンや医療クリニックでは、上記のような悩みや心配なことについて、初回のカウンセリングで色々と相談することが出来ます。

痛みや肌の状態に合わせて出力を調整できますし、VIO脱毛時に陰部を見られる恥ずかしさがありますが、恥ずかしさを軽減する工夫もされているため、カウンセリングのときにVIO脱毛時のやり方を聞いておくといいですよ。

ママ
スタッフは、見慣れているので心配ないって言われるけど、私の気持ちの問題だから、見慣れているかどうかは問題ではないって聞いたとき思っちゃいましたが・・・。

自分のムダ毛を誰かにさらけ出すこと、陰部や肛門を見られることに抵抗がある方は、自分で脱毛する家庭用脱毛器がいいかも知れません。

介護脱毛して良かったこと

介護脱毛して良かったこと

将来の介護に備えて脱毛を始めてみたら、思いのほか快適で、一部を脱毛し始めると全身脱毛したくなります

脱毛して良かったこと

  • 思い切ってVIO脱毛したら、ものすごく快適。
  • 生理中の不快感から解放され、蒸れやニオイを気にすることもなくなった。
  • 脇脱毛した流れで、全身脱毛したら、ムダ毛処理から解放されて楽になった。
  • 43歳で脱毛したけど、おかげで肌荒れが解消した。

特にVIO脱毛すると、生理中の不快感や蒸れが解消されて、痒みやかぶれが減って衛生的に保てるメリットがあります。

早い段階で脱毛を完了しておけば、毎日快適に過ごせるのはもちろん、高齢になってもムダ毛処理に悩む必要が無く、安心ですね。

介護脱毛するときの注意点

40代・50代が脱毛するときに注意すること

ママ
介護脱毛を考える年齢って、20代ではなく、40代・50代の中高年と呼ばれるときに考え始める人が多いと思います。

30代中頃になってくると、白髪が増えてきて、白髪染めし始める頃だと思いますが、白髪は光脱毛やレーザー脱毛では脱毛できません

白髪を脱毛するとなると、光脱毛やレーザー脱毛とは別に白髪を脱毛できるプランを別で申し込まないといけないので費用負担が多くなってくるので、脱毛はなるべく若いうちに行う必要があります。

脱毛するときに注意しておいたほうが良いことをお伝えしますね。

白髪は脱毛できない?!

白髪は脱毛できる?できない?どっち?

ママ
白髪が増え始めるのは、個人差はありますが、30代中頃から白髪は増え始めるので、脱毛するのであれば30代~40代頃には行っておいた方が良いと思います。

髪の毛に白髪が生えても、髪の毛を脱毛することはありませんよね。

白髪が生えて脱毛できないのは、髭とアンダーヘアなので、脱毛する部位に白髪が生えてきて、脱毛しようか迷っているのであれば、早めに脱毛を始めたほうがいいです。

でも、白髪が多い方でも脱毛を諦める必要はなく、【白髪でも脱毛できるニードル脱毛(電気脱毛)という脱毛方法】があります。

ニードル脱毛とは?

  • 針脱毛と呼ばれ、140年以上前から行われている歴史のある施術方法
  • 1本1本の毛穴に針を通して脱毛する
  • 痛みが強い
  • 脱毛効果は強力ですが、料金が高額
  • 白髪や産毛でも脱毛可能
  • 日焼けした肌、黒ずみのある部位も施術可能

ニードル脱毛は、毛根に直接ダメージを与えるため医師免許を持っている医療クリニックでしか施術を受けることが出来ませんが、1回施術を受けるだけで、ほぼ永久脱毛と言える状態になります。

VIO脱毛は無毛しか選べない?

VIO脱毛は無毛しか選べない?どんなデザイン・形があるの?

ママ
歳を重ねるにつれて体毛は減る傾向がありますが、脇毛や陰毛は減らずにしぶとく生えてきます。

VIO脱毛するとき、アンダーヘアは

  • ハイジニーナ=無毛にするか
  • 形を残すか

選ぶことができます。

無毛は少し恥ずかしいという方は、他の人に見られても恥ずかしくない程度に前の毛(Vライン)を残し、排泄物が付きやすい陰部の両サイド(Iライン)、肛門周り(Oライン)の毛を無毛にするのがオススメです。

シンプルな逆三角形の形や細長い長方形・自然に整えたスクエア形などいろんな形がありますので「 Vラインのデザイン一覧 」から選んでおくといいです。

介護したから分かる脱毛の必要性

介護したから分かる脱毛の必要性

大人用オムツを着用するようになって、部屋のあちこちにオシッコをしたり、脱糞をしたりすることは無くなったけど、オムツの中でお尻全体や陰部に排泄物が付着して汚れてしまうと、拭き取りにくく、ニオイやかぶれの原因になります。

お尻や陰部を綺麗にする陰部洗浄の方法は、拭き取るまたは洗浄用ボトルで洗い流します。

洗浄用ボトルで陰部洗浄する

  1. 洗浄用ボトルで濡らす
  2. 石鹸で洗う
  3. 石鹸を洗い流す
  4. 水分を拭き取る

綺麗にするには、この方法がいいけど、石鹸を使うと肌を保護する油分も落としてしまうため、肌が乾燥しやすくなり、かゆみやかぶれの原因になります。

拭いて陰部を綺麗にする

  1. むしタオルで拭く
  2. 乾いたタオルで拭く

排泄物が毛に付着し、陰部や鼠径部に拭き残しがあると、かぶれやニオイの原因になります。

ナビ
拭き取ってもらう間、ずっと股を開いた状態になるので、できれば早く終わらせたい・・と思うのは介護を受ける側も同じです。
ママ
そこで、介護を受ける前に「脱毛」をしておくことが必要不可欠だと実感しました。

自分の将来を見据えたとき、介護を受ける側になる可能性はゼロでは無いので、予め脱毛をしておいた方がよいという考えに変わり、実際に脱毛エステサロンや医療クリニックのカウンセリングを受けたら、40代以降も脱毛する人が増えてきているそうです。

衛生上、清潔さを保てますし、将来、介護を受けると見据えると、VIO脱毛は必要不可欠な選択肢になるのではないでしょうか。

脱毛サロンや医療クリニックに行くのはちょっと

脱毛サロンや医療クリニックに行くのはちょっと

ママ
介護脱毛が注目されるようになってきた昨今、脱毛を始めようかなぁと考えている40~50代の方も多いと思います。

白髪になると脱毛を断られる可能性が高いため、出来るだけ早く脱毛を済ませたほうがいいです。

脱毛サロンや医療クリニックは、プロによる施術が受けられるため、VIOなど手が届きにくい部位や見えにくい部位も丁寧に確実に脱毛してもらうことが出来ます

ママ
40代・50代が脱毛サロンや医療クリニックに行くのは恥ずかしいし、勇気がいる!

そんな方も少なくありません。

その理由として次のことが考えられます。

抵抗を感じる

脱毛サロン・医療クリニックに通うのに抵抗がある

ママ
40代・50代の人だけではなく、VIO脱毛する若い人も抵抗を感じると思うし、一人で行くのはかなり勇気がいります。

抵抗を感じる理由

  • 若い人が多い印象がある
  • オシャレな雰囲気で何となく敷居が高い
  • 気軽に行けない感じ
  • 下半身を誰かにさらけ出す恥ずかしさ
  • 綺麗なスタッフに見られる抵抗感
  • 予想以上にも高額だったらどうしよう
  • しつこい勧誘があるかも

家庭や介護で通うのが難しい

脱毛サロン・医療クリニックに通う余裕と時間がない

若いときや一人のときは、自分のことだけを考えていれば良かったけど、40代・50代と年を重ねると親の介護や仕事などが忙しかったり、家事や育児に追われたりして、なかなか自分一人の時間を持てなくなります。

5:00…起床・お弁当作り
7:00…旦那送り出し
8:00…子供送り出し・掃除・洗濯
10:00…ヘルパー来訪
12:00…昼食
13:00…買い出し
15:00…夕食準備
17:00…子供帰宅

と、脱毛するために店舗に通う時間も無いし、気持ち的にも余裕がありません

ママ
早いうちに脱毛を済ませておきたいけど、実際、今はそれどころじゃない!そんな方にオススメなのは家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器なら、自分のタイミングで好きなときに気軽に脱毛できるので大変便利なアイテムです。

自宅で脱毛できるケノン

家庭用脱毛器の効果って凄いよ!検討してみて!

ママ
介護脱毛を始めようと思っても脱毛サロンに行くのは抵抗があるなら、家庭用脱毛器で脱毛する方法も検討してみて!
サロン
クリニック
家庭用脱毛器
ケノン
見られるのが恥ずかしい
誰にも見られない
通うのが難しい
自宅で脱毛できる
第三者がする
自分でする
予約を取る必要がある
好きな時間にできる
パワー調整はプロがする
自分でパワー調整をする

ケノンとは、口コミもたくさんある人気ナンバーワンの家庭用脱毛器です!

ムダ毛の黒い色(メラニン)に反応する光を照射することで、毛根にダメージを与えてムダ毛を生えにくくします。

ママ
ケノンは何度も光を照射すると、徐々にムダ毛が薄くなり、生えてこなくなります。

脇毛もVIOも髭も「 ケノンを使って自分で脱毛した体験記 」を公開していますので、どのような脱毛効果を得られるのか、実際の写真と一緒に感想を見て頂ければと思います。

ママ
白髪混じりの髭・脇・VIOでも「 ケノンの眉毛脱毛器なら白髪脱毛ができる 」ので、検討してみては如何でしょうか。

まとめ

介護脱毛は早いほうがいい

ナビ
介護脱毛は早めに始めるのがおすすめです。

理由は、光脱毛またはレーザー脱毛で白髪は脱毛できないからです。

料金が高くてもいいから、白髪も脱毛したいという人はニードル脱毛しかありません。

ニードル脱毛は、永久脱毛ができるけど、

  • 一本一本、処理するから時間が掛かる
  • 毛穴に針を指して、電流を流すから痛い
  • 光・レーザー脱毛よりも高い

というデメリットを考えたら、光脱毛・レーザー脱毛でムダ毛を脱毛できるときに始めたほうがいいですよ。

脱毛業界では、この介護脱毛には注目しているらしく、高齢化社会でのニーズが高まっていくと考えられているようです。

ママ
介護ヘルパーの人に話を聞くと、尿や便の拭き残しが発生するとニオイがキツイので、毛が無くても良ければ無いほうが介護はしやすいです・・と言っていました。

ケノンを使ってみた検証結果!

脱毛器ケノンを購入するに至った理由とは?
ママ
私はケノンを使うか、脱毛エステに通うか悩んでいましたが結局ケノンを使うことにしました!

なぜ、脱毛エステではなく家庭用脱毛器を選んだのか、詳しく実際に使って解説しているページを作成しましたので、迷っている方はぜひ一度読んでみてください。


このページを読めば、あなたが脱毛エステに通うべきか、ケノンを使ってみるか、きっと参考になると思います。私の家では、私、旦那、息子、娘、家族全員でケノンを使い脱毛をしています。そして、家族全員ハッピーになっています!


ケノンが欲しくなる記事はこちら



ケノンの正しい使い方、脱毛前と脱毛後のお肌の変化などわかりやすくまとめていますので、参考にしてくださいね♪
ママ


にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケノン家族

脱毛器ケノンを使ってムダ毛を脱毛している「ケノン家族」です。40代のママとパパ、そして中学生の娘と高校生の息子の4人で脱毛をして、毛が無いツルツルのお肌を目指している家族です。家庭用脱毛器は、家で脱毛できるメリットがあるけど、間違ったやり方をすると肌が赤くなる原因になるから、おうち脱毛するための効果的な正しい使い方と美顔器(スキンケア)の効果も一緒に紹介します。「こんな情報も知りたい!」「これはどうなっているの?」という疑問や質問があれば、気軽にお問合せ下さい。できる限り調べてお伝えしたいと思います。

おすすめ記事

ケノンを購入するときに価格を調べてみた感想と見るべきポイント 1

何か購入するときには、価格を調べて、どこのお店で買おうか判断するよね。 ケノンは、家電量販店では販売されてなく、通販のみでの販売で、よく利用している通販サイトでも買うことができ、調べてみたところ下記で ...

【保存版】ケノンの正しい使い方!脱毛・美顔効果を得るためのコツ 2

脱毛器ケノンは、使い方が簡単なので一人でも十分に使用することができるよ。 ママ機械音痴な私でも使えたよ! 自分で出力の強さを選んで、脱毛部位にケノンを当ててボタンを押すだけというシンプルな操作は、家庭 ...

ケノン美顔器でシミやほうれい線など肌改善の効果のある使い方と体験談 3

家庭用脱毛器のケノンは脱毛だけではなく、効果的な美顔器としての機能も評価されています。 シミやシワ・ほうれい線・たるみなどのお肌の悩みを減らすことができ、お肌の若返りが期待できるというので、ケノンを購 ...

-脱毛コラム

Copyright© 脱毛器ケノンを日本一丁寧に検証する口コミブログ | ケノン家族 , 2018 All Rights Reserved.